店舗運営に防犯・監視カメラがもたらすメリット-自分で設置or業者依頼、お得なのは?

今や、様々な場所に設置されている防犯カメラや監視カメラ。
お客様とのトラブルを未然に防ぐだけでなく、従業員管理や店舗管理など、実は幅広く店舗運営にメリットをもたらしてくれます。

本記事では、防犯・監視カメラが店舗運営にもたらすメリットを多方面からご紹介。
実際にカメラを導入する際に悩んでしまう、自身でするのか業者に依頼するのかも、メリット・デメリットを分かりやすく比較しました。

スムーズで右肩上がりな店舗運営をしていくための一手が欲しい方、必見です!

店舗運営に防犯・監視カメラがもたらす
5大メリット

「カメラを設置することで、万引き防止になったりするんですよね?」と考えられている方は多いと思いますが、店舗に防犯・監視カメラを設置するメリットはそれだけに留まりません。
店舗運営だけでなく、経営にも大きなメリットがあるのです。

Point1未然に万引き・強盗被害を防げる

店舗を運営する上で絶えない悩みとして挙げられるのが、万引き被害です。
一度成功してしまうと「万引きがしやすい店」と周知されてしまい、2度3度と繰り返し被害に遭うことも少なくありません。

また、最近では緊急事態宣言による外出自粛令によって、営業時間が短くなり、夜間になると繁華街の人通りがグッと少なくなります。
その時間帯を狙い、同じ通りに軒を連ねている店舗に立て続けに強盗が入るといった事件も発生していることがニュースで取り上げられていました。
商品に防犯ブザーを付けていたとしても、検知されないよう細工されたかばんに商品を入れてブザーを潜り抜けるという例も増えてきています。

これらを抑止するのに役立つのが、防犯・監視カメラです。
実際、防犯カメラ・監視カメラが設置されていない店舗では万引きや強盗被害が増加する傾向が明らかになっているほど。証拠映像が撮影できる・できないにかかわらず、それだけで抑止効果が証明されているのです。

できるだけ目立つところに設置し、「この店には防犯カメラが付いている」と認識させましょう。
あわせて、レジ付近にレコーダーとモニターを置いておくことで、「このお店は監視カメラの映像をしっかり確認している」というアピールにもなります。

以前のカメラは、画質が悪く、人の顔の確認が難しい場合がありました。
ですが、現在では130万~220万画素の防犯・監視カメラが増えてきており、以前の映像に比べるとかなり高画質で見やすい映像になっています。
撮影された映像をUSBフラッシュメモリや外付けHDDにバックアップすることもできるため、万引きや強盗被害にあってしまったときにも、録画した映像を「証拠」として残すことができるのです。

被害を未然に、最小限に防ぐことができますので、しっかりとカメラで対策をとりましょう。

Point2従業員による不正を抑止できる

店舗運営者の頭を悩ませるのは、外部からの被害だけではありません。
悲しいことに、信頼していた従業員が、お客様の個人情報や商品を持ち出す、レジのお金を抜く、目が行き届いていないことをいいことにサボるなど、内部被害も数多く発生しています。

これらは今まで、実際に店舗へ足を運ばないと抑制できなかったり、カメラ映像を確認してみると従業員による不正があったことを後々知ることになったりと、未然に防ぐのが難しいものでした。
ですが、最新の防犯・監視カメラを設置し、24時間随時確認できること、常に録画していることを伝えることで抑止することができるのです。

220万画素のカメラであれば、レジ付近に設置することでお札などの金種や差異の確認など金銭の管理も行えてしまいます。
それだけでなく、従業員の動きや接客態度の映像を共有することで、スキル向上にも役立たせることができるのです。

Point3最新のお客様動向を知ることができる

例えば、お客様の、商品を見る動きや試着した商品、手にとった商品などを確認することで人気商品やトレンド商品の集計を行うなど店舗の動向のマーケティングリサーチにも活用できます。

地域や店舗の場所によって、お客様の好みも違いますし、求めている接客も変わってくるもの。
それぞれの店舗でどういった商品や接客が好まれ、逆にどういった商品や接客が避けられているのかを知ることで、全店舗の売上アップを目指せるのです。

Point4トラブル解決の切り札になる

飲食店での無銭飲食や店舗前の備品破壊などが、たびたびニュースに取り上げられています。
こういったトラブルの際に役立つのが、防犯・監視カメラの映像です。

映像には、日付や時刻も同時に表示されていますから、証拠として提出することで発言の裏付けとなります。
また万が一、お客様からのクレームが発生してしまった際にも、録画映像を振り返り、事実関係を見直しすることが可能です。

Point5業務効率が改善できる

これまでは、カメラ映像を確認するために店舗へ行く必要や、レコーダーとモニターを設置するためのスペースの確保が必要でした。
ですが、防犯カメラPROで取り扱っている防犯・監視カメラは、インターネットを経由して、店舗管理者のスマートフォンやタブレット、パソコンから24時間いつでもカメラ映像を確認できるようになりました。
専用のアプリをダウンロードすればいいだけなので、操作も簡単です。
気になる店舗の様子をいつでも遠隔監視することができます。

また、一つの店舗だけでなく、全国の複数店舗の映像確認を手持ちのデバイスでできるので、わざわざお店へ足を運ぶ必要がありません。
カメラによっては、スピーカーの取り付けも可能なので、店舗の雰囲気やスタッフの様子を確認しながら指示を出したり、質問をしたりとコミュニケーションをとることもできます。

店舗管理にかける時間を最小限にできるため、経営戦略など、本来やるべき優先順位が高い仕事に集中することができるのです。

店舗の防犯カメラは自分で設置できる?業者への依頼と徹底比較!

カメラの設置に最低限必要なのは、カメラ本体の他にも、AC アダプター、録画機器に繋ぐためのケーブル、変換コネクタ、取り付け時に使うブラケットといったアクセサリー、録画機器、モニターです。
これらを購入すれば、設置を行えます。

自身で設置するのと、業者に依頼するのとでは、どういったメリット・デメリットがあるのか、比較してみました。

自分でカメラ設置するメリット・デメリット

自分で設置するメリット

  • 値段が抑えられる

自分で設置するデメリット

  • 選定した機材が、期待する効果が出るか分からない
  • スピーカー併用などカスタムが難しい
  • 配置構成を自分で考えるため、死角を作ってしまう可能性がある
  • 「映像が映らない」、「録画ができなくなった」などの故障やトラブルを自分で解決しないといけない

防犯・監視カメラの設置に必要なものは、家電量販店でセット売りしていることも多いです。
安く抑えようと思うと、10万円もかからずに全て揃えることができます。
ですが、安く抑えれば抑えるほど、それぞれの機能は劣るもの。「口コミサイトと店員さんに勧められるまま購入したが、期待していた効果が得られなかった」なんてことも起こりえます。

また、自分で設置する場合、一番難しいのがカメラの配置です。各カメラで撮影範囲が異なるため、設置前にカメラの画角を把握しておかないと死角が多くなってしまいます。
理想としてはそれぞれの死角をカバーする防犯カメラの複数設置ですが、予算の都合もあるはず。
少ない台数でもしっかりと監視できる取り付け位置やカメラの角度をご自身で見つけるのはかなりの時間と労力を要します。

加えて、「買ったはいいけれど、配線がないからこの位置に設置できない」ということが起きないよう、配線にも注意が必要です。
その上、防水処理をしないといざという時に断線などのトラブルを招きかねません。
カメラだけでも大変なのに、スピーカーを取り付けたりとカスタムしようと思うと、さらに大変さが増します。
それだけでなく、カメラの設置位置によっては壊されたりすることもありますし、電子機器なので専門的な知識が必要なトラブルも少なくありません。

自身で設置すると、予算は抑えられるというメリットはあるものの、購入後の様々なことに自身だけで対応せねばならないという、大きなデメリットがあるので、安易に決断しないことをオススメします。

業者にカメラ設置を依頼するメリット・デメリット

業者に設置を依頼するメリット

  • 店内の出入り口や四隅、商品棚の間など、従業員の目が行き届きにくい場所など、死角を防ぐ最適な配置構成をしてもらえる
  • 店舗の配線に合った機材を選んでくれる
  • 期待する効果に合ったベストな機材を提案してくれる
  • 故障などのトラブルに柔軟に対応
  • スピーカーなどのカスタムもあわせて行ってくれる

業者に設置を依頼するデメリット

  • 費用がかかる

防犯カメラPROのような業者にカメラの設置を依頼することの唯一で最大のデメリットは、コストがかかることです。ですが、それにもきちんとした理由があります。

まず、設置する目的に合わせたカメラを選んでくれることです。
ハイスペックで高価なカメラであったとしても、あなたが求める効果が出ないカメラでは意味がありません。
子供部屋を見守るためであれば、それほど高画質ではない屋内用監視カメラで十分ですが、万引きや強盗被害の防止のためであれば、屋外設置に耐えうる耐久性や、周囲が暗くても映すことができる防犯カメラが必要になってきます。業者であれば、そういった目的に合わせたものを提案してくれるのです。

加えて、カメラは購入したら終わりではありません。設置する場所や角度が重要になってきます。
自身で設置すると、先に書いたように「せっかく買ったけど、配線が届かない」「死角ができてしまったので、結局買い足すことになり予算オーバーした」といったことが起こってしまうのです。

業者に依頼することで、最小限のカメラ台数で最適な配置構成や配線を提案してくれます。
購入ではなく、リースを行っている業者もあるので「まずはお試しで……」といったこともできるので、結果として無駄なコストをかけずに設置することができます。

また、保証やアフターサビースがついているところが多いため、トラブルが発生した時や「スピーカーをつけたい」などのカスタムにも柔軟に対応してくれるのも嬉しいポイントです。

あなたの店舗に合った防犯カメラ・監視カメラ選びは、防犯カメラPROにお任せください

導入実績500社以上!店舗・事務所への防犯カメラ設置実績

防犯カメラ・監視カメラを導入することで、店舗運営がスムーズに行えるだけでなく、トラブル対策を事前に立てることができ、店舗売上アップにも貢献してくれます。

防犯カメラPROであれば、これまで3,000台以上のカメラの導入を、500社以上でお手伝いしてきた経験と、詳細なヒアリングと現場下見をもとに、最適なカメラ・最適な設置構成を作成。
PC・タブレット・スマホで24時間閲覧可能な最新のカメラも多数取り扱っており、「公道が映っていること」など、ある一定の条件をクリアしていれば、自治体によって、防犯・監視カメラの設置費用の半額を補助してくれる場合があるので、そういったことも考慮して、予算に合わせたプランをご提案しています。

もちろん、アフターサービスも充実。
「店舗に現在あるカメラよりいいものはあるのか?」「予算がこれだけしかないのですが……」など、店舗への防犯・監視カメラ導入を少しでもご検討されている方は、一度当社までお気軽にご相談ください。

効率よく店舗運営を回し、売上をあげていくためにも、最新の防犯・監視カメラを上手に活用しましょう。

防犯カメラの設置でお悩みの方、
お気軽にご相談ください!
お電話1本でスピーディーに対応します!
詳細なヒアリング・現場下見をもとに
ベストな防犯カメラをご提案いたします!
お困りのことがあれば、私たちにお任せください。
お力になれる自信があります。ご予算についてもご相談ください!

新型コロナ対策!テレワーク・リモートワークの導入支援&社内環境整備もお任せください